脱毛サロンで行う光脱毛の仕組み、そしてそのメリットやデメリット

光脱毛は、エステサロンで主流となっています。
しかし、光脱毛はどんな脱毛で、メリットやデメリットはあるのか気になる方も多いようです。
光脱毛とはどんな仕組みで、どのようなメリットやデメリットがあるのか紹介していきます。

光脱毛の仕組みとは

光脱毛は、サロンで施術を受けられのでクリックでしか受けられない医療脱毛より身近に感じられることができるようです。
光脱毛の仕組みは、レーザー光線を肌に照射し毛根を破壊することで脱毛効果を得ることができます。
破壊する毛根の細胞は毛乳頭と呼ばれ、破壊することで毛母細胞への栄養の供給がなくなるので、毛の成長が止まり抜けていく仕組みです。
また光の力は、黒いものに強く反応するので、毛根にあるメラニン色素が多いときに照射を行うことが大切なようです。
毛の成長期には、毛根が大きくなっているのでたくさんのメラニン色素が集まります。
この成長期の毛根に対して、光脱毛は効果を発揮するのです。

光脱毛のメリット

光脱毛にはメリットが多くあります。
それは、レーザー脱毛や電気脱毛よりも低価格で受けられることです。
また、クリックで行う脱毛よりもかなり痛みが少ないので、痛みが苦手な人にもメリットで、安心して通うことができるようです。
さらに光脱毛には美肌効果も認められている特徴もあります。
そして光脱毛は、サロンで施術が可能なので比較的手軽に始められ、施術時間も短いです。
また、脱毛サロンで行う光脱毛は、一度に広い範囲の脱毛が可能なので、メリットだと言えます。

光脱毛のデメリット

光脱毛を行うときには、最も気をつけなければならないのが、あくまでも減毛であるというところです。
クリックで行う脱毛には、永久脱毛は認められているのですが、光脱毛には永久脱毛は認めらていないのです。
そのため、一度脱毛が完了しても毛が生えてこないという保証はないというのが注意点です。
また、日焼けをしていたりすると照射ができないというデメリットもあります。
また、医療レーザー脱毛よりも、かなり弱いレーザーを照射していくので、何回もサロンに通う必要もあります。
さらに、薄い毛や細い毛にはあまり効果がないというデメリットもあるようです。

関連する記事